稼げるブログの基礎

マネタイズ(稼げるブログ)はユーザ第一優先

新しいWordpress、すっごく使い難いですね・・・。
どうにかならないものかと思ったら、Classic Editor
というプラグイン入れたら直りました。

これを入れるにはまず最初に『Wordpress再インストール』をし直すと
(現状が再診バージョンでも再インストール)
「クラッシックバージョン」の案内が出てくるのでその指示に従えば
元に戻ります。

あーよかった。

今日はマネタイズできるブログを作る=ユーザ目線 という理由をお話しします。

 Googleが『ユーザ目線』じゃなきゃ許さないって

もうね、これに尽きるんです。Googleが

『ユーザを第一優先に考えたブログしか許さない。
アフィリエイター目線で作られたブログは許さない』

っていってるんです。

これまで散々アフィリエイターが身勝手なブログ作ってきたじゃないですか。

  • 内容がないブログ
  • 根拠のない情報が掲載されたブログ
  • 読み難いブログ
  • ユーザ無視した作りのブログ
  • 量産、量産っていう自作自演

Googleがこれにウンザリしているんですって。だから

  • ユーザにとって参考になる情報を発信しているブログ
  • ユーザにとって役に立つ情報を発信しているブログ
  • ユーザにとって読みやすいブログ

こういう事に徹したブログじゃないと優秀なブログとして上位表示
してくれないんですって。

 

それを知ったら何を基準にブログを作るか・・・と考えた時に
ユーザ目線のブログ しか考えられないと思うんですよね。

 

記事をたくさん書いていると疲れていい加減になってしまいがちです。
文字数を増やす事ばかりに意識を向けたり、
記事数を増やすことばかりに意識して
行間や空間などを全く気にせずに記事を作っていけば、
当然ユーザにとっては読みにくい記事が仕上がってしまいます。

それではダメっていうことです。

 

確信のない情報はユーザ目線ではない

Google医療健康系アップデートというアフィリエイターにとっては
大打撃の大悲劇が起こったのは記憶に新しいと思います。

アフィリエイターにとって医療系・健康系のサイトは
報酬に繋げ安いジャンルでしたから、多くのアフィリエイトサイトが存在していました。

アフィリエイトが過熱していくことにより、記事の外注化が進み
医療にも健康にも詳しくない、単なるライターが根拠のない
記事医療・健康情報などを量産して書いていくことにより
WEB上の情報の正確性が問われるようになってしまいました。

その時一番そのような記事で医療系キュレーションサイト
を作成していたDeNA(正確には子会社)閉鎖に追い込まれる程
大問題に発展してしまいました。
DeNAのWELQ問題です。

これ があってから医療系や健康系のアフィリサイトは
とっても稼ぎにくいジャンルとなってしまいました。

でもこれを悲劇と思うのは、アフィリエイターだけです。

医療や健康の情報なんて、本当に必要な人には間違えた
情報なんて欲しくありません。

一歩間違えれば命取りにもなりかねません。

わが家の息子も乳児の時に病気があり手術をしているのですが
手術を受けるまでは緊急入院が何度もあり、その度に
WEBでいろいろと調べました。

大学病院がかかりつけだったので、病院には信頼はおいていましたが
説明が回りくどくて、言っている意味がわからない部分があったり
後遺症などが残らないかなどを調べました。

息子は手術して元気になりましたが
長い入院生活で(付き添い入院していました)、
手術しても治らない患者さんをたくさん見てきました。

小さな赤ちゃんが管だらけになっている姿も見ました。

そんな大きな病気じゃなくても、家族の身体を心配して
WEBで調べた時にその情報が実は医療的根拠がなかった・・・
なんてなったら、やっぱりWEBとしてNGだと思うんです。

アフィリエイトが過熱しすぎて稼ぎたいあまりに、
そういうユーザの気持ちを無視する行為が増えてきた事で
Googleが怒ったわけですよね。

ユーザ目線で考えたら当然のことって思います。

 

体験談が強い理由

Google医療健康系アップデートがあったから医療健康系は止めよう

というのは少し考えが飛び過ぎているかもしれません。
医療健康系であっても、素人のあなたが書ける記事があります。

それは、あなた自身が実際にかかった事がある病気体験談などです。

私は出産するまで入院したことがない人ですから
病気体験談は書けませんが、でも息子の病気の事なら詳しく書けます。

医療人として書くわけではないですから、医療的目線の記事ではなく
病気がわかった時、息子はどういう状況だったのか。
6ケ月に入院してから8ケ月に手術、9ケ月に退院して、
そこから3歳半まで通院で検査して完治を確認して終了。

という長い道のりを記事に書く事は決してNGではないと思います。
それは事実だからです。

現在息子は15歳ですから、私の記憶も多少曖昧なため
今更息子の病気体験談のことをブログにするつもりはありませんが
当時は同じ病気での体験談はあまりありませんでしたから
それを記事にしていたら、同じ病気で私とおなじく心配されたママ
さんにとっては(子供特有の病気です)とっても貴重なブログに
なったと思います。

入院をするような病気じゃなくても、例えばアトピーで苦しむ人は
多いですし、もっと一般的にみたら、水疱瘡(みずぼうそう)や
風疹(ふうしん)といった誰でもなりそうな病気でも

『私の場合はこんな感じだった』
『息子の場合はこんな感じだった』

と記事にするだけでも体験談としてとても役立つ情報になると思います。

それに、体験談を書いている時って、自分自身本音で書きませんか?

『稼いでやろう』とか
『良くわからないけど適当に書いておこう』

なんてことはしないはずです。
自分の経験を思い出しながら書くだけですから
記事としては書きやすいですし、その病名が何度も出てきて
KWとして強化されますし、何よりもスラスラと長文記事がかけて
自分でも書きやすいと思います。

 

体験談はいろいろあるよね

体験談というのは、医療健康系に限ったことではなく

 

  • 引っ越しをした時の体験談(引っ越し業者のアフィリ)
  • 中古車を鑑定に出した体験談(中古車査定のアフィリ)
  • 無料保険コンサルの体験談(保険コンサルアフィリ)
  • 住宅ローン体験談(金融系アフィリ)
  • 英会話スクール体験談(WEB英会話、リアル英会話アフィリ)

 

まだまだたっくさんあります。
そういう体験談を1つの特化型ブログとして書くだけで
随分と中身に厚みのあるブログが出来上がるんじゃないかなと思います。

スーパーアフィリエイターが稼げるって言ったからって、
知りもしないジャンルをムリして取り組む必要なんてないんです。

とはいえ、長年アフィリエイトを取り組んでいると
どうしてもわからないジャンルを手掛けたくなる時ってあるんですよね。

そういう時は別のやり方がありますからまた別途書きますね。

 

マネタイズ(稼げるブログ)はユーザ第一優先のまとめ

今日はユーザ優先の記事から体験談は書きやすいって
ことに繋がる記事を書きました。

だからといって、ただ闇雲に書くだけじゃ稼げません。
闇雲に書いた状態。それは・・・。

このブログの書き方です。
私はこのブログを稼ぐブログとして書いていません。

ブログ診断(ココナラでは現在休止)をしてきて、

『こんなに努力家なのに残念だな』

と思うブログをたくさん見てきました。
アフィリエイターで努力家ってすばらしい事なんですよ。

  • でも基礎が出来ていないからほとんど稼げていない。
  • 古い情報をやってしまっているから稼げていない。
  • ユーザ第一優先になっていないから稼げていない。

 

こんなブログをたくさん見てきて個々にフォローしきれないから
多くの方の目につくようにブログにしました。

『稼ぐブログ』という目的とは違うわけです。

これだけのコンテンツ量を今後ずっと書き続けたら
アフィリエイト系の何かのKWでひっかかるかもしれませんが
(「何かのKW」という曖昧なKWでは稼ぐ目的ならNG)
基本で考えたら、あり得ないブログ構築になります。

『稼ぎたい』と思って書いているブログなら
アフィリエイトの基本という事を守らなければ集客できないので
稼げません。

それを忘れないでくださいね。
アフィリエイターで稼ぎたいなら絶対ですよ。

集客できるコンサル&テキスト

 

集客できないサイト(ブログは)お金を発生させません!

アフィリエイトブログも、アドセンスブログも、事業サイトも
Web上に掲載する以上、知っておかなければいけない知識があります。
やらなければいけない作り方があります。やってはいけない事もあります。
それを知らなければ、いつまでも集客できないままです!

その知識と方法を教えるコンサルです。


※現在、ココナラを中心にコンサル受付中です。